よい睡眠を得るために !!!

こんばんわ( ´艸`)あせる

みなさんしっかり睡眠とれていますか!?


疲れが取れないなどお悩みの方は是非改善できる事を改善していきましょうアップアップ

照明
明るい光は脳と体を覚醒させます。寝る寸前まで煌々と電気をつけていると、目が冴えて寝つけなくなってしまいます。
寝室の照明を暗めにする、間接照明を使う、遮光カーテンを活用し、夜明けとともに部屋が明るくならないようにする、などの工夫で寝室の環境を整えることができます。
また、見落としがちなのが、テレビや携帯電話のディスプレイなどの光です。思った以上に強い光ですから、その光の刺激によって覚醒しまうことがありますので、注意しましょう!!

室温と湿度
部屋の温度や湿度が高くても低くても、睡眠の質は悪くなってしまいます。質の良い睡眠を維持するためには、室温26℃程度、湿度は60%前後が適しています音譜
冷房や暖房のタイマーを使う場合には、就寝2~3時間後まで快適な室温と湿度を維持するように設定するようにしましょう。就寝1時間後では、深い眠りにつく前に寝苦しさを感じてしまい、目が覚めてしまうかもしれません。


うまく寝付けなくても、早起きすることで自然と寝つけるように
夜うまく眠れなくても、早起きする習慣をつけることによって、日中の疲労がたまり、夜になると自然と眠れるようになります。早寝できない時は、早起きして体のリズムを整えましょう。

どうしても眠くなったら無理せずに20分以内の短い昼寝を
睡眠に問題がなく、規則正しく生活している人でも、昼間に眠気を感じることはよくあります。
夜の眠気を増すため、できれば昼間は寝ないで過ごしたいところですが、逆に集中力が落ち、予期しないミスにつながってしまいます。
どうしても眠い場合は、椅子に座るなどして20分以内の仮眠をとりましょう。20分以内なら、睡眠が深くなる前にすっきりと目覚めることができます。それ以上長いと、睡眠が深くなってしまうため、昼寝後の脳の覚醒度は落ちたままになってしまいます音譜

寝る寸前までテレビやパソコンなどの情報量の多いものを見続けない
テレビ、パソコンや携帯電話でのネットサーフィンなどは情報量が多く、脳は情報処理のために活性化してしまいます。
寝る1時間前にはテレビやパソコンの前を離れるように心がけ、脳をリラックスさせましょう。


改善できるものはありましたか!?


より快適な睡眠の為に生活を見直してみては!?


ペタしてね読者登録してねフォローしてねアメンバー募集中

このページの先頭へ