スタッドレスタイヤ選び!

スタッドレスタイヤの選び方
日本のスタッドレスタイヤの性能は世界一とも言われています。
スタッドレスタイヤは、まず日本の雪 質や走好条件に合ったタイヤであることが基本となります。
冬の路面でのタイヤの横滑りに自信を示 しているタイヤは、的を得ているタイヤとして十分検討に値します。
このことからスタッドレスタイヤに求められることは、雪路では安定した走 行性能、アイスバーンでは氷に食いつくようなグリップ性能、シャーベット路 では走破性、そしてドライ路では高速安定性や静粛性などとなります。
スタッドレスタイヤの使い方
スタッドレスタイヤは、やや滑ると感じた場合、空気圧を微妙に下げること で接地面が増しグリップ感が得られるそうです。また、圧雪になっても雪がま だ柔らかい時には、面圧を上げてブロック剛性を上げる必要があるので空気圧 は高いほうが効果があると言われています。
最新のスタッドレスタイヤはこの横滑りに注目しその性能アップが図 られています。この縦方向と横方向のバランスがメーカーにより異なり、それ が性能の差となっているのです。
バランスは人により好みが分かれますが、雪道に不慣れな人ほど横方向のバ ランスに優れた最新スタッドレスタイヤのほうが扱いやすいかもしれません。
このような観点からもスタッドレスタイヤの選択を行うことも可能です。ま た、ミニバンやSUVなどはやはり専用スタッドレスタイヤがお勧めです。
スタッドレスタイヤでの雪道走行-過信は禁物
急ハンドルを切った場合は、夏タイヤのような思い通りに曲がる感 覚は得られません。安全に曲がる為には、スタッドレスタイヤのグリップ性能 に頼るのではなく、スピードを十分に落としてからゆっくりとしたハンドル操 作に入ることが最も確実な方法です。
アイスバーンでは雪路以上に滑ることは明らかで、雪国のドライバーでさえ もできれば運転を避けたいのが本音です。最新スタッドレスタイヤでもこの状 況で自由自在に車をコントロールすることは実際至難の業であり、スタッドレ スタイヤの氷上性能は、「車を制御できるスピード域でタイヤ性能が向上して いる」と理解することで戸惑いが解消できると思います。
雪道での発進は「そーとそーと」という感覚でアクセルを踏むこと。車が動 き出したら、ゆっくりとじわーという感じでアクセルを踏み込み急な加速は絶 対に避けます。
雪道で一番難しいのが止まることなのですが、いつもよりもかなり早めのブ レーキを心がけます。とにかく、「発進→走行→停止」いずれもゆっくりとし た動きが安全につながります。
最新のスタッドレスタイヤは、以前と比較すれば目を見張るほど性能向上が 図られていますが、それは飽くまでもドライバーが車を制御できるレベルでの こと。それを超えた時点で高性能スタッドレスタイヤでも制御不能に陥ること をお忘れなく。

このページの先頭へ