ビーチサンダルの危険性

つま先の打撲、足首のねん ざ、骨折、水膨れなど、足の痛みの原因 はさまざまだが、米国で、特に夏の間に 足に痛みを生じさせる一般的原因として ビーチサンダル(フリップ・フロップ) が挙げられる。
ビーチサンダルの薄いゴム底で は、これらの人工的な地面からの衝撃を ほとんど吸収できないという。
足と地 面との接し方が、体の骨格整列に影響を 与えるのだ。
そ のため長時間履いていると骨にずれが生 じ、ひざ、腰、背中に痛みが生じる恐れ がある。また足を固定するものが何もな いため、転倒、足首のねんざ、骨折の原 因にもなりうる。
スポーツクラブや市営プール のロッカールームでは、ビーチサンダル を履くことにより、菌やウイルスから足 を守ることができる。ビーチサンダルを履 くこと自体が問題なのではなく、履きす ぎていることが問題と指摘する。
どうしてもビーチサンダルを履き たい人は、でこぼこした場所は避け、サ ンダルを脱いだら足をよく洗うよう助言 している。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ