加齢臭だけぢゃなかった・・・

加齢臭が話題になってから、どうにもにおいに過敏な男ゴコロドキドキ
それなのに・・・今度は「疲労臭」とはどういうことだ!!
 「加齢臭の原因・ノネナールだけでなく、一酸化窒素や水素、アンモニアなど実に多くのものが皮膚から出ている」
 疲労臭の正体はアンモニア鼻にツーンとくる刺激臭でトイレの悪臭の主成分だ音譜
 「皮膚には200万~300万個の汗の穴があり、汗やガスが常時出ている。アンモニアはその双方から排出される」という叫び
 アンモニアは、食事でとったたんぱく質を分解する際や腸内細菌などにより体内で発生するが、体にとって有害なため、肝臓のオルニチンサイクルで尿素に解毒され、体外に排出される。それにより、体内のアンモニア量は低く保たれる。ところが、過剰な運動などによって発生するアンモニア量が増えたり、オルニチンサイクルの働きが鈍ると、血液中のアンモニア量が増え、皮膚から出るアンモニアが多くなるというあせる
そのオルニチンをどうすれば摂取できるか!!
シジミです!!
シジミの栄養・効果
シジミのビタミンB12や鉄は、レバーにも匹敵すると言われています。これらの成分は、赤血球を形成・再生してくれ、貧血を防いでくれます。食欲増進、体力増進、神経系統の健康維持に役立ちます。
カルシウムも豊富に含まれていますし、肝臓の働きを促す、グリコーゲンも含まれています。
さらに、ビタミンB2も多く含まれ、過酸化脂質が出来るのを防いでくれる働きがあります。
シジミのたんぱく質は良質で、必須アミノ酸のバランスも良く取れているため、消化も吸収も良く、肝臓に負担がかかりません。
酒を飲んだ後にシジミ汁を飲みますが、それは肝臓に効果があるからです。このときに梅干しを一緒に食べると、梅干しの中に含まれるピクリン酸が肝臓の機能を高めてくれるので、相乗効果を得られ、アルコールを体外へ排出するのに役立つと言われています。
シジミが肝臓病に効果があるということで一般的に知られているのは、必須アミノ酸の一種、メチオニンが肝臓の働きを助けることと、タウリンが胆汁の排泄を促して肝臓の解毒作用を活発にしてくれること、ビタミンB12が肝機能を高めてくれる、といったことが理由として挙げられます。
シジミの食べ方
シジミのうまみや栄養をムダなく摂るなら、味噌汁が一番ですね。
みそには、肝機能を高める働きがありますし、シジミとの相乗効果が期待できます。
その他、炊き込みご飯や炒め物、しょうゆ漬けなどがあります。
また、シジミの水煮を煮つめたシジミエキスは、悪酔いや二日酔いに効果があるといわれています。
シジミの調理
シジミは加熱しすぎると風味を損ないます。煮すぎや再加熱はなるべく避けて、口を開いたら、すぐに火を止めることがポイントです。
シジミの保存
シジミは保存せずに、手に入れたその日に食べるのが原則です。
シジミの選び方
シジミは鮮度が大切です。出来るだけ生きているものを手に入れましょう。
触ったときに勢いよく閉じるものは、鮮度が良い証拠です。
マシジミは、黄色がかっていたり、赤味がかっていたりするもののほうが、おいしいとされています。
あと、異臭がしないものを選ぶのは、言うまでもありません。

このページの先頭へ