地球温暖化と花粉症

花粉の飛散量は近年増加する傾向にあります が、これに気象条件の変化が追い討ちをかけ ているとも考えられています。花粉の総飛散 量は、前年夏の気象条件(主に日射量や気温、 降水量)に大きく左右され、“日射量が多く、気 温が高いと花粉は多くなり、逆に、雨量が多く 、気温が低いと花粉の量が少なくなる”という 傾向があることがわかっています。近年問題 になっている地球温暖化で気温が上昇すれば 、それだけ花粉の量も多くなることも考えら れるのです。花粉症の方も、花粉症でない方も 、地球温暖化を身近な問題として、一緒に考え ていきたいですね。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ