夏バテ対策やってますか?

■ 夏場を乗り切る7つのコツ
1.生活リズムの安定化
就寝と起床時刻を一定に保つことと、決まった時間に食事ができれば、ほぼ生活のリズムがくずれることはあり ません。
2.寝つきをよくする工夫
眠れないからといって、就寝中のクーラーのつけっぱなしは禁物です。夏かぜや下痢、体調不良の原因になりま す。暑くて寝苦しいときは、色々工夫をしましょう。
寝る前に寝室をクーラーで冷やしておきます。または、就寝前に冷房を1~2時間のタイマーにセットしま す。温度は27~28度が適当です。 お風呂で汗を流してから寝ると寝つきがよくなります。ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、自律神経が落ち 着き心身をリラックスさせます。 寝る前の暴飲・暴食はさけましょう。 寝る前に軽い運動をすると、適度な疲労感が快い睡眠を誘います。
3.冷房の上手な利用
湿度の高い日本の夏では、除湿(ドライ)をするだけでも、不快感はかなり和らぎます。冷房にする場合には、 外気温との差を5~6度以内にします。温度差が大 きいと自律神経失調になり、体調を崩す原因になります。
4.涼しくする工夫
風通しをよくするなど住居に涼しさの工夫をしましょう。
風通しをよくするために、襖(ふすま)を外して衝立(ついたて)やすだれをかける。 カーペットの代わりに籐の敷物。 西日除けのよしずをする。 庭周りに打ち水をする。 椅子を籐にしたり、風鈴をかけるなどの演出も涼しさを感じます。
5.涼しい服装
通気性の良い服を着る。 こまめに下着を替えたり、濡らしたタオルで体を拭いて効率よく汗が熱を奪えるようにする。
6.適度な運動
朝涼しい時の散歩など、快い疲れは食欲も増しますし、寝つきもよくします。体内リズムも保つことができま す。夏バテ予防の最良の対処法は、常日頃から軽いウォーキングなどの運動を習慣的にしておくことです。
7.水分コントロール
体内の水分が不足すると、脱水症状や熱中症に陥り命の危険に陥ることもあります。 成人が一日に必要な水分量※は、排出量と同じ量、2.5Lです。 このうち直接口から摂取する水分は1.5L~2L です。 ※体重×50ml。60kgの成人だと、50ml×60kg=3000ml(3L)が必要になります。そのうち代謝で生成される水分 や、食事により吸収される水分が約1.2Lありますので、水分として摂取が必要なのは1.8Lになります。 夏は汗で大量に水分が失われますので、いっそうの水分補給が必要です。但し、1度に過剰に水分を摂取した場 合、腎臓に負担がかかりますので、 1回コップ1杯程度の水を数回に分けて飲み、1日の必要量を補給すると いうものが効率的です。
喉が渇いたと感じるのは脳からの「水分不足のサイン」です。我慢せずに水分を補給してください。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ