疲労臭…

「疲労臭」
徹夜続きなどで疲れ たときにするアンモニアのようなニオイ がそれだ。
「体が疲れてくると体の中にアンモニア ができるんだけど、通常は肝臓でアンモ ニアを尿素に分解するオルニチン回路が 働いて、腎臓から尿として排泄する。と ころがすごく疲れたり、疲れをためると アンモニアの酸性が強くなって、オルニ チン回路の処理が間に合わなくなる。結 果、アンモニアが汗に含まれてしまって ニオうんですね。年齢にかかわらず、疲 労が蓄積してくれば疲労臭は出ます。さ らに、会社に入ってお酒の付き合いが多 くなって肝臓が疲れてくる。オルニチン 回路は肝臓にあるので、飲酒が増えると 血中にアンモニアが蓄積され、汗として 排出されてクサくなる」
対策としては、「お風呂にゆっくり入 り、乳酸を排出すること」が重要。クエ ン酸も疲れに効くため、酢の物を取った り、朝に黒酢を飲むのもいい。オルニチ ンが大量に含まれるシジミは、飲んだ翌 朝にも効くという。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ