自転車の罰則知ってますか?

自転車の暴走や歩 行者との接触事故が 相次いでいる。
本来、 自転車は自動車の仲間の「軽車両」で、 車道通行が原則。
だが、ルール違反とな る歩道走行はいまだに横行し、飲酒運転 には厳罰が科せられる。
「歩道と車道の区別がある道路では、 自転車は車道通行が道交法上の原則で す。
自転車用の車線がない道路では車道 の左端を走ります。
例外的に、13歳未 満の子供と70歳以上の高齢者、自転車 通行可の標識がある歩道や、やむを得な い場合は歩道の通行が認められますが、 歩行者の通行を妨げない速度と方法で通 行する義務が生じます」
やむを得 ず歩道を通る場合も、理由なくベルを鳴 らして歩行者の通行を妨げれば2万円以 下の罰金となる。 傘さし運転や携帯やイヤホンな どの使用、夜間無灯火は5万円以下の罰 金が科せられる。
さらに、酒気帯び運転 にいたっては5年以下の懲役か100万 円以下の罰金という厳罰が下される。
これまであいまいだった「自転車=軽 車両」の違反自転車の取り締まりは各地で 本格化。
横浜市の神奈川県警加賀町署で は「白チャリパトロール隊」を結成し、 通勤自転車が多くなる夕方の時間帯に自 転車で巡回、摘発も含む指導を強化するようだ!
摘発や指導の大半は、歩道での暴走や 携帯電話・ヘッドホンステレオの使用、 そして信号無視。
知らない人も多いが、 「自転車専用」などの表記がない場所で は、自転車は歩行者用ではなく、自動車 用の信号機に従うことになる。
信号機の ない交差点で横断歩道がある場合には徐 行が規則で、一時停止の標識では確実に 停車することが義務づけられている。
ただ、車道の左端には駐車中の車も多 い。
「路駐などを避ける場合も、ルー ル上は右手を水平に伸ばして後続の車両 に合図して右側に進路をとり、障害を避 けたら速やかに左端に戻るのが原則」
交差点でも、横断歩道に自転車専用 レーンがない場合は、二段階右折か、自 転車を押す歩行者として横断歩道を渡る べきというから、最も手軽なはずの自転 車が最も面倒くさい乗り物になるのかと 思う人も多そうだ。
「欧州では、自転車はエコロジーな交 通手段として地位が高い。たとえばオラ ンダの車道は、自転車と自動車の共有ス ペースで、自転車が自動車に迫害される ことはない。スウェーデンも、都心での 自動車の制限速度を20-30キロに定 め、車道を走る自転車を保護している。 日本でも、自転車専用レーンの充実やド ライバーへの啓蒙に取り組むべきでしょ う」
単純に取り締まりを強化するだけで済 む話ではないようだ。

Android携帯からの投稿

このページの先頭へ