風邪を引いたらどうする!?

睡眠と安静
まず第一に睡眠と安静をこころがけるようにします。「 “風邪は寝て 治す”」という言葉があるくらいです。部屋を適度に暖かくして充分 な睡眠をとります。この際、厚着や暖房で無理に発汗をうながすのは 有害無益だそうです。
いうまでもありませんが、ウエイトトレーニング(筋力トレーニン グ)や有酸素運動 は中止します(意外に無理をする人が多いようで す)。
のどの粘膜が乾くと風邪の原因となる ウイルス が体内に侵入しやすく なってしまいます。のどの乾燥を防ぐため室内では加湿器 を使うとよ いでしょう。湿度は60~80%くらいに設定します。ウイルスは空気が 乾燥した状態で活動が活発になり、逆に湿度が高いと死滅します。
水分補給
熱による発汗や痰《たん》の排出で身体の水分を失い 脱水症状になら ないように、こまめに水分を摂ります。のどを湿らせる効果もありま す。
食事と栄養
消化がよく身体が暖まるものを食べるようにします。 ビタミンA ・ビ タミンB1・ビタミンC ・たんぱく質 を含む食品を選びます。たまご 酒・ねぎ味噌・しょうが湯・ニラかゆ・ホットミルクなどの伝統的食 品もお勧めです。
ただし、食欲がまったくない場合は無理に食べないようにします(そ の場合でも水分は充分に摂ります)。
入浴
以前は「 “風邪をひいたら入浴は避けるべき “」という意見が日本では 支配的でした。しかし、このごろでは「熱がそれほど高くないとき (38度以下)は入浴可能」とする医師も多いようです。長湯を避け て、風呂から上がったあとは水分ををよく拭くようにします。
薬とサプリメント
「風邪薬」 風邪のウイルスを退治する薬はないそうです。一般に市販されている 「総合感冒薬 」は風邪による諸症状(くしゃみ・せき・鼻水・発熱・ のどの痛みなど)を緩和することを目的としています。
薬や抗生物質 をむやみに用いると、逆に風邪の回復を遅らせることが あります。たとえば、熱がでたからといって安易に解熱剤を服用する と、身体の免疫システムの働きを阻害してしまう可能性があるので す。
風邪の原因となるウイルスは38.5度以上の温度で死滅するため、人体 の免疫システムは発熱という症状を通して体温を上げます。そのとき に解熱剤で強制的に体温を下げることは、ウイルスにとって都合のよ い環境を整えてやることになります。
わずらわしいせきや鼻水ですが、じつはウイルスを体外に排出する働 きがあります。そのため薬を使用して、せきや鼻水を止めることは、 ウイルスを体内にとどめてしまうことにもなります。
「サプリメント 」 サプリメントのうちアミノ酸 とビタミンC は風邪の回復を助ける効果 があるといわれています。
必須アミノ酸 のうち、グルタミン とアルギニン は、マクロファージ や リンパ球などの免疫細胞を強化する効果があります。またアミノ酸は 素早く吸収されるので、風邪にかかったあとに摂取しても、回復を助 けるそうです。
ビタミンC は風邪の回復を早め、二次感染をおこしにくい身体をつく るとされています。
風邪をひいたときは、やや多め(1日500mg~)のビタミンCを服用 します。この際、いっぺんに多くの量を摂るよりは、1日3回くらい に分けて摂るほうが効率的です。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ