食事メタボ対策!!

■メタボ対策では、適量、そしてバランスのよい食事が重要とのこと!!
先ず食事は、腹八分目を心掛けることが重要です。「腹八分は医者いら
ず」と先人は言っています。
なお人の胃袋は、1.5リットルから2リットル程度の大きさがあるの知っていますかはてなマークしかし食べ過ぎを繰り返した場合、胃袋が徐々に大きくなり、更に食べ過ぎの原因となります叫び
食べ過ぎの予防には、よく噛みながらゆっくり食事することを心掛ける必要があります爆弾
次に食事では、栄養バランスのよい食事を心掛けることが重要ですひらめき電球
糖質(炭水化物)や脂肪の摂り過ぎに注意し、ビタミン・ミネラル・食物
繊維の摂取を心掛ける必要があります!!
メタボ対策には、洋食より野菜や魚中心の和食がよいようです。
■メタボ対策では、1日3食規則正しく食事することが重要ですラブラブ!
先ず食事は、1日3回食べることが重要です。朝食を抜く習慣が続いた場合、体は空腹に備え、栄養を蓄積しやすい状態になります。
また1日の食事量を朝食抜きの2回で摂取した場合、血糖値が上昇しやすくなり、インスリンの働きにより脂肪を蓄積しやすくなります。
なお間食は控えることが重要です。間食した場合、1日の摂取カロリーをオーバーしやすいそうだ。
次に食事は、規則正しく食べることが重要です。
食事時間は、なるべく一定にし、睡眠前の食事は控えるよう心掛ける必要があります。
夕食は、副交感神経の働きにより、脂肪を蓄積しやすくなります。その為睡
眠前3時間は食事を控えることが重要です。
■メタボ対策では、よく噛んでゆっくり食べることが重要です。
食事は、よく噛んで食べた場合、ヒスタミンが分泌され、満腹中枢を刺激します。
しかし満腹感を感じるのには、食事から20分以上必要だと言われています。
つまり食べ過ぎを防止するには、ゆっくり食べることが重要になるのです。
食事は、ひと口に30回から50回噛み、食事は20分以上掛けることを心掛ける必要があります。
箸休めにお茶などを飲むと食べ過ぎを防止できます。
そして早食いは、血糖値が上昇しやすくなり、インスリンの働きにより脂肪を蓄積しやすくなるので気をつけましょうね!!
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ