11月1日は何の日?!

11月1日 紅茶の日
ロシア漂流記でおなじみの大黒屋光太夫が1791(寛政3)年11月1日の帰国 の際、女帝エカテリーナ2世から紅茶を贈られました。 それにちなんで日本紅茶協会が1983(昭和58)年に制定しました。 なお、紅茶の初輸入は1880年代のことです。
→ 日本紅茶協会
計量記念日
通商産業省(現在の経済産業省)が1952(昭和27)年に制定。1993(平成5)年の新計量法 の施行にともない、それまでの6月7日から11月1日に変更されました。
→ 経済産業省
灯台記念日
海上保安庁が1949(昭和24)年に制定。 1869(明治元)年、神奈川県横須賀市に日本初の洋式灯台である観音埼灯台が起工さ れました。 制定当初は、洋式灯台の導入が文化の先駆けの意味が強かったことから、11月3日 の文化の日に先駆けて1日を記念日としたとされていました。
→ 海上保安庁
自衛隊記念日
1966(昭和41)年に制定。 7月~10月は災害での出動が予想され記念行事等を行うのに都合が悪いため、天候 が安定する11月1日を記念日としました。
→ 防衛庁・自衛隊
生命保険の日
生命保険協会が制定。 「生命保険の月」の1日目の日。
→ 生命保険協会
野沢菜の日
野沢温泉観光協会が制定。 野沢温泉観光協会が実施している、「蕪主」になると毎年野沢菜などが送られる 「のざわな蕪四季會社」の「蕪主総会」がこの日に開催されることから。
→ 野沢温泉観光協会
すしの日
全国すし商環境衛生同業組合連合会が1961(昭和36)年に制定。 新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから。
→ 全国すし商環境衛生同業組合連合会
本格焼酎の日
1987(昭和62)年9月、九州で開かれた本格焼酎業者の会議の場で制定。日本酒造組 合中央会が実施。 その年に8~9月ごろから仕込まれた新酒が飲めるようになるのが11月1日ごろであ ることから。 焼酎は蒸留法の違いによって酒税法上「甲類」と「乙類」に分けられますが、この 表現が等級の違いのようであり紛らわしいため、原料の風味が活かされた乙類を「本 格焼酎」と呼ぶようになりました。
→ 日本酒造組合中央会
泡盛の日
沖縄県酒造組合連合会が1989(平成元)年に制定。 11月から泡盛製造の最盛期に入り、泡盛の美味しい季節となることから。
→ 沖縄県酒造組合連合会
玄米茶の日
全国穀類工業協同組合が制定。
→ 全国穀類工業協同組合
川の恵みの日
三重県多気町の川魚を扱う会社「うおすけ」が制定。 「111」が「川」の字に似ていることから。 川に感謝し、川の環境と自然を考える日。
→ うおすけ
古典の日
源氏物語千年紀委員会が2008(平成20)年に制定。 『紫式部日記』の1008(寛弘5)年11月1日の記述に源氏物語に関する記述があり、こ れが日本を代表する古典文学である源氏物語についての最初の記録であることから。
点字記念日
1890(明治23)年、日本語用の点字が決められました。 それまで日本語を点字で表す時は、欧米の点字を利用したローマ字綴りにより表現 されていました。 そこで、官立東京盲唖学校長の小西信八が、かな文字にあった点字の研究を依頼 し、教員や生徒から三つの案が出されました。 それらを検討した結果、この日開かれた日本点字選定会で、教員の石川倉次が考案 した石川案が満場一致により正式に採用されました。
犬の日
ペットフード工業会等6団体が1987(昭和62)年に制定。 犬の鳴き声「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」の語呂合せ。 犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ