2012/5/21 金環日食

今回の日食では、九州南部・四国の大部分・紀伊半島から本州の関東付近にかけての地域な どを通る「中心食帯」と呼ばれる帯状の地域の中で、金環日食を見ることができます。ま た、それ以外の地域では、日本全国で部分日食を見ることができます。
中心食帯の中では、太陽の前面を月が通過するために、食が最大になる前後には、太陽が ドーナツ状になる様子を観察することができます。中心食帯の中心に近いほど月は太陽の真 ん中を通り、中心食帯の端の地域ほど、月は太陽の真ん中から外れたところを通ることにな ります。
東京・静岡・京都・高知・鹿児島などは、この中心食帯の中にあります。
また、中心食帯の外側にある地域では部分日食が観察されます。中心食帯に近い場所で観察 するほど大きく欠けます。
日食の欠ける深さを「食分」という数値で表します。食分0.1とは、太陽の直径の10%まで太 陽面上に月が入り込み、太陽が欠けることを意味しています。今回の日食では、中心食帯の 外にある仙台での食分は最大で0.929、那覇で0.901、中心食帯からやや離れている札幌でも 食分0.840まで欠けます。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ