TPPとは?

環太平洋戦略的経済連携協定の略 称。シンガポール、ニュージーラン ド、チリ、ブルネイの4カ国が参加す る自由貿易協定で、2006年5月に発効 した。さらに米国、オーストラリア、 ペルー、ベトナム、マレーシアが参加 を表明し、新たな枠組みの合意に向け て9カ国で交渉している。米国は11年 11月のアジア太平洋経済協力会 議(APEC)首脳会議までの合意を目指し ており、日本も参加を検討している。 TPPは、自由化レベルが高い包括的 な協定だ。モノやサービスの貿易自由 化だけでなく、政府調達、貿易円滑 化、競争政策などの幅広い分野を対象 としており、物品の関税は例外なく10 年以内にほぼ100%撤廃するのが原 則。APECの目標を共有し、より広範な 自由化を進めることが協定の目的とさ れ、加盟国の合意によって参加国を拡 大できる。09年の米国の参加表明に よって関心が高まり、参加国の増加が 見込まれており、アジア太平洋地域の 新たな経済統合の枠組みとして発展す る可能性も指摘されている。 日本では、菅直人首相が10年10月、 TPPへの参加検討を表明。参加による 政治的・経済的な意義に加え、参加し なければ自動車や機械などの日本の主 要産業が自由化でリードする韓国と比 べて海外市場で不利になるなどの試 算もあり、経済団体を中心に参加を支 持する声が大きい。一方で、関税撤廃 による国内農林水産業への影響など を懸念して、農協や漁協などの生産者 団体を中心に、参加に反対する意見も ある。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ