グラトリ スピン系

フロントサイド180 (FS180)

オーリーでジャンプして板をオープン(フロントサイド)側に半回転(180度)して着地します。板の反発と全身を使い高くきれいに回れるように練習しましょう。


バックサイド180 (BS180)

オーリーでジャンプして板をブラインド(バックサイド)側に半回転(180度)して着地します。F1(フロントサイド180)よりも少し難しいです。


ノーリーフロントサイド180 

ノーリーでジャンプして板をオープン側に半回転する技です。ノーズで踏み切るので少し難しいですので、初心者はバターから練習してみて下さい。


ノーリーバックサイド180

ノーリーでジャンプして板をブラインド側に半回転する技です。最初のうちはバックサイドターンの惰性を使うといきやすいです。


フロントサイド360 (FS360)

通称「サブロク」です。オーリーで踏み切り板をオープン側に1回転して着地します。板の反発と全身を引き上げ目線を回転方向へ持っていきます。後半の180の時に上半身を残したまま下半身だけで回転させるとクールです。最初はフロントサイドターンの先行動作をいっぱい使ってもいいので1回転する感覚を掴むことが大事です。


バックサイド360 (BS360)

オーリーで踏み切り板をブラインド側に1回転して着地します。上半身を回転方向に持っていきバックサイドターンの惰性を使い一気に回しこみます。板の反発をしっかり使いましょう。


ノーリーフロントサイド360

グラトリのレベルで一つの目安となる技です。初心者はまずこの技を目指しましょう。個人差はありますが、1シーズン本気で練習すれば大体できます。ノーリーでオープン側に1回転です。最初はターンで板が真横にきた時にノーリーすると感覚が掴みやすいです。「回る」という感覚が掴めてきたらある程度スピードを出してできるようにしましょう。強引にではなく自然にクルっと回る感覚を掴んで下さい。


ノーリーバックサイド360

ノーリーでブラインド側に1回転します。後にコンボなどでよく使われますので練習しておいて損はないです。初めのうちはターンの惰性を使い板が真横にきてからノーリーをしてみて下さい。

フロントサイド540 (FS540)

通称「ファイブフォー」または「ファイブ」。オーリーでオープン側に1回転半です。ターンの惰性を使い先行動作をいれ、一気に板を回しこみます。目線は常に回転方向です。板をはじく少し前から体の重心は後ろにもってきておきます。板のエッジでカービングしながらはじく感じです。


バックサイド540 (BS540)

オーリーでブラインド側に1回転半です。B3(バックサイド360)の延長です。ある程度スピードが必要です。


ノーリーフロントサイド540 

ノーリーでジャンプして板をオープン側に1回転半する技です。ノーリーF3(ノーリーフロントサイド360)よりもある程度スピードが必要です。最初はノーリーF3からドライブでもいいのでファイブまで回してみて下さい。慣れてくるとビタ着でできるようになります。


ノーリーバックサイド540

ノーリーでジャンプして板をブラインド側に1回転半する技です。板のはじきを意識してしっかりと反発を利用しましょう。


フロントサイド720 (FS720)

通称「セブンツー」または「セブン」。ファイブがしっかりとできていることが前提となります。オーリーでオープン側に2回転です。ターンの惰性をおもいっきり使います。カービングで勢いよくオープン側にターンし始める時に重心をテールへ移動しその重心をそのまま板の反発へと変換します。


ノーリーフロントサイド720

言わずと知れたノーリー7です。高回転・高速スピンの象徴的な技です。スピードを出したままノーリー5のビタ着ができることが前提となります。板のはじく場所はピンポイントです。最初のはじきでほぼ決まります。イメージとしてはカービングアプローチでノーズのヒールエッジをはじく感じです。うまくいけば自然にクルクルっと回りますので練習してその感覚を味わってください。


ノーリーフロントサイド900

グラトリに関して言えばポコジャンやギャップなどを使ってやる技です。ある程度滞空時間がとれる場所じゃないとできません。そのような場所でノーリー7をおもいっきりやるような感じでいくとグラウンドでのノーリー7にプラス滞空時間で稼ぐ180が加算されます。できたらかなりの上級者です。


アンディー360

グラトリのコンボです。ピボットのFS180からノーリーBS360です。ピボットで180したあとそのまま流れるように軸足を変え、ピボットの惰性を使い板をはじきます。軸足が変わる分バランスが必用です。ちなみにアンディーはソバットとも言われています。

アンディー540

アンディー360にさらに180プラスした技です。ピボットから軸足が切り替わる時の板のはじきが重要です。しっかりの反発を利用しないと後半のノーリーBSがうまく回らないので、ピボットの惰性をしっかりと使い板をしならせて下さい。


アンディー720

ピボットのFS180からノーリーBS720です。できればかなり上級者です。ピボットからの板のはじきでほぼ決まります。上半身は回転方向へおもいっきりもっていきます。難易度はハンパなく高いです。


ソネトリ

テールのヒールエッジをオープン側に少しブレーキをかけるように踏み込みその反動で軸足をノーズへ移動してそのままノーリーBSスピンする技です。慣れてくるとノーリーBS540などにつながっていきます。ポイントはヒールエッジをピンポイントでおもいっきり踏み込むことです。その分反動が返ってきますのでやりやすいです。


ツイスト

主にノーリーFSスピンでの軸がずれたバージョンです。


ロデオアンディー

ピボットのFS180からノーリーBSロデオです。グラトリでのロデオア
ンディーは少しイメージしずらいので動画などで確認してみて下さい。ピボット後の軸足を中心に体ごと身を投げ出す感じで回ります。グラトリでの3Dはかなり度胸が必要なので、最初はパウダーでおもいっきり練習して下さい。顔から落ちることが多いので注意して下さい。


ループ

グラトリでFSロデオです。ロデオアンディーのような最初のピボット動作はありません。ゲレンデで発動したら「あの人何したの?」となります。できたら今後はあなたも新しく技を生み出す開発者の一人です。

このページの先頭へ