有効エッジについて!!

スノーボードのターンする時に雪に接す る部分を有効エッジといいます。
この有効エッジが長いと、スピードを出 した時のターンが安定します。
初心者の場合、それほどスピードを出し たターンができるわけではありませんの で、有効エッジは短めで良いです。有効 エッジを長くすることが良いことだけで はないからです。
ターンが安定するということは、エッジ がしっかりと雪に押し付けられていると いうこと。変な言い方をすれば、しっか り雪に引っかかっているということで す。
はじめのうちは、板をしっかり進行方向 に向けて滑ることができません。板を横 向きにして滑っているときは、有効エッ ジが長いスノーボード板を使用すると、 かえって動きにくくなったり、引っか かって転びやすくなります。
一般的な有効エッジの長さの選び方は、 「身長× 0.7 」といわれていましたが、 最近は「(身長-5cm) × 0.7 」くら いが目安です。
始めのうちは、有効エッジがこの数字よ り短めの板を選ぶことをオススメしま す。
Android携帯からの投稿

このページの先頭へ